生分解性プラスチックフィルム袋

生分解性(せいぶんかいせい)プラスチックは、土中や堆肥中の微生物により水と炭酸ガスに分解されるプラスチック素材です。「グリーンプラスチック(グリーンプラ)」や「バイオマスプラスチック(バイオマスプラ)」と呼ばれています。

グリーンプラとバイオマスプラの違いについて

グリーンプラやバイオマスプラの大きな違いは、その目的です。

グリーンプラの目的

グリーンプラは、主に微生物による生分解を目的として作られたプラスチックです。グリーンプラと呼ばれる素材の中には、分解にかかる時間を短縮するために、化石資源を加えて分解しやすくしているものも数多く存在します。

バイオマスプラの目的

バイオマスプラは、植物由来の原料で製造することで二酸化炭素の排出を減らすことを目的としたプラスチックです。化石資源を利用しないプラスチックですので、将来的に枯渇が心配される化石資源の使用縮減に向けて開発されました。ただ、現在では、生分解に時間がかかることが課題とされています。

グリーンプラによるフィルムの特徴

グリーンプラは、微生物により生分解されやすくなっているため、土中やコンポストで比較的早く分解されます。ただ、分解速度とフィルムの厚みを調整するのが大変難しい素材です。

フィルムの厚みを薄くすると、分解速度が上がりますが、保管中にも分解が進み、長期保管に向きません。例えば、フィルムに穴が開く、フィルムが破れる、フィルム同士が溶け合うなどの可能性があります。反対に、フィルムの厚みを厚くすると、フィルムの強度が保てますが、結果的に分解されにくくなるため、その目的が果たせなくなる可能性があります。

気温や微生物の活動状況によりグリーンプラの分解速度も異なりますので、廃棄場所の状況や気候、利用用途、保管期間などを綿密に計画する必要があります。

バイオマスプラによるフィルムの特徴

バイオマスプラは、サトウキビやトウモロコシなどの生物資源(バイオマス)のでんぷんから高分子化技術によって生成されるプラスチックです。通常、プラスチックの大部分が化石資源から製造されるため、生物資源由来であるバイオマスプラは、二酸化炭素の排出を抑制する環境に優しい素材です。

グリーンプラの中には、完全に生物資源から製造された全面的バイオマス原料プラスチックのほかに、一部に化石資源を利用した部分的バイオマス原料プラスチックがあります。

生分解性プラスチックフィルム袋の利点

生分解性プラスチックは、これからの環境を守る目的で生み出された新しいプラスチックの1つです。その問題は、二酸化炭素の排出量、化石資源の利用削減、そしてゴミの問題です。あらゆる用途で利用されるプラスチック製の袋を生分解性プラスチックに変えていくことで、それらの問題を少しずつ改善することが可能になります。

企業ブランディングの一環として、また、自然と環境を守るというコンセプトの商品の袋には、何よりにも変えがたい最適な素材です。

生分解性プラスチックフィルム袋の問題点

コストと製造ロット数の問題

生分解性プラスチックフィルム袋は、まだまだ需要が少ないために、材料のコストが上がります。また、使いまわしの利かない材料ですので、ある程度のロット数がある完全注文生産でなければ製造することが出来ません。

利用条件や用途の問題

生分解の実現を目的とする場合は、袋の内容物、利用用途、保管期間、廃棄方法などを正確に把握した上で、それに見合う仕様の袋でなければ問題が出る可能性が高いです。さらに悪いことに、利用条件によって生じる問題が異なりますので、一般的な性能評価数値が役に立ちません。そして、グリーンプラに関しては、長期保管が出来ないため、見本として提供できるものがありません。

バイオマスプラの分解速度の問題

バイオマスプラは、微生物の豊富な堆肥中などで分解されますが、それ以外の場所ではなかなか分解が進みません。そのため、結果的に分解速度が追いつかず、通常のプラスチックと同様のゴミ問題が生じます。

プラスチックの分解性の問題

生分解性プラスチックと呼ばれるものの中には、様々な方法で製造された様々な原料がございます。その原料を用いたフィルムの製造方法は、各材料メーカーにゆだねられています。そのため、それぞれの材料メーカーによって、仕上がるプラスチックの性能が異なります。生分解性プラスチックは、バイオマス原料に一般的なプラスチックを配合して作る場合が多く、それが分解されているように見えても、実際にはその一部が目に見えないように崩壊しているだけということもあります。

袋の主な利用用途

商品パッケージ袋、DM袋、配布用手提げ袋、梱包袋、レジ袋、ゴミ袋など。

内容物の一例

日用品、文房具、手帳やリフィル、ハガキやポストカード、卓上カレンダーなどの包装や窓付き封筒にご利用いただいております。

ご活用場所

雑貨店、日用品店、書店、文具店、イベント会場、展示場などでご活用いただいております。