OPPフィルムとOPP袋の特徴

薄さ数十ミクロンの素材OPPフィルム

OPPは、Oriented Polypropylene(オリエンテッドポリプロピレン)の略です。日本語では、「延伸ポリプロピレン」と呼ばれています。ポリプロピレン材を伸ばして加工したフィルムで、丈夫で張りがある、透明度の高いプラスティックフィルムです。縦と横の2方向に延伸された2軸延伸ポリプロピレンが主流で、OPP=2軸延伸ポリプロピレンという場合もあります。

OPPフィルムの特徴は、次の5つが挙げられます。

  • 透明である
  • 張りがあり衝撃に強い
  • 耐水性に優れている
  • 印刷できる
  • 環境に良い

このOPPの特徴がなぜ商品パッケージ袋に活かされるのかをご説明致します。

(1)透明である

OPPは、非常にクリアで透明度が高いため、袋の中の商品をそのままの色で伝えることができます。また、商品が見えることで、購買時に安心感を与えることが出来ます。ディスプレイされた商品のアピールには、非常に有利です。

(2)張りがあり衝撃に強い

商品は、工場で生産されてから店舗で販売され、お客様の手元で開封されるまでに、あらゆる人の手によってあらゆる扱い方をされます。その間、パッケージ袋が商品を保護しなければいけません。OPPは、張りがあるためにしわになりにくく、衝撃にも強いため、最後まで美しく商品を保護してくれます。

(3)耐水性に優れている

OPPは、プラスティックのフィルムですので水を通しません。雨の日には、店舗でも湿気が高くなり、雨に塗れた傘が商品に触れることもたびたびあります。紙の袋の場合は、水を吸って中の商品に影響が出ることもありますが、OPPの商品パッケージ袋は、防湿性も高いために安心です。この特性を活かし、ホテルで利用されるアメニティの袋としても活用されています。

(4)印刷できる

OPPは、紙と同様に印刷することが出来ます。商品のブランド戦略やオリジナリティのアピールに欠かせないデザインをパッケージ袋で表現することが出来ます。また、OPPフィルム全体に薄い色合いをつけることも出来るので、グリーンやピンクなどのおしゃれな透明の袋も作成することが出来ます。

(5)環境に良い

OPPは、ポリ塩化ビニル(PVC)ように塩素を含みませんので、ゴミ焼却時に有毒なダイオキシンが発生しません。

このように、OPPは、商品パッケージ袋として重要な役割を果たしています。

クークルでは、このOPPを利用した商品パッケージ袋を通して、お客様の商品販売のお手伝いをさせていただいております。お気軽にご注文、お問い合わせ下さい。

関連情報