印刷と入稿のご案内

データ入稿される場合の注意点

データ入稿時のファイルの種類について

InkscapeAdobe IllustratorAdobe IllustratorやInkscapeなどのアプリケーションでデータを作成して下さい。また、入稿データは、Adobe Illustrator(CS3以下)で編集出来るファイルに変換をお願い致します。

入稿データの形式

.ai .pdf
  • ファイル形式 → .aiや.pdfといった形式
  • 環境依存の排除 → 文字や図柄をアウトラインで表現
  • 色情報 → 可能な限りRGBからCMYKに変換

ビットマップ(.bmp)、JPEG(.jpg)、GIF(.gif)、PNG(.png)、フォトショップデータ(.psd)、SVG(.svg)などのファイルでの入稿は、申し訳ございませんがご遠慮下さいませ。

データ入稿の方法

データ入稿方法は、CDやDVD、MO、フロッピーなどの記録メディアをご送付いただくほか、Eメールでも受け付けております。Eメールの送信先につきましては、別途ご連絡させて頂きます。

印刷内容の制作時の注意点

白色と透明

白と透明の区別を明確にしてください透明なフィルムに白色を表現する場合は、紙とは異なり白色を印刷する必要があります。そのため、白色の印刷内容がある場合には、透明部分を灰色など他で使用しない色で表現し、透明の色を明記していただくようお願い致します。

印刷可能範囲

製造方法の関係により、印刷範囲に以下の余白をご検討下さい。

  • サイドシール袋:袋の左右両端から約2mm程度の余白
  • ボトムシール袋:袋の上下左右の端から約10mm程度の余白

左右2mmの余白OPP袋やCPP袋などのサイドシール袋は、袋の左右に熱を加えて溶着と切断(溶断)を行います。溶断部分に印刷がなされていると、溶着不良やインクの焦げが発生する可能性があります。そのため、袋の左右両端には、約2mm程度の余白を設けて下さい。※ラミネート処理を行う場合や表刷りの場合は、端まで印刷を行うことも可能です。しかし、機械の処理速度を落として頻繁に刃の清掃を行う必要があるため、価格や条件など別途ご相談させて頂きます。

上下左右から10mmの余白IPP袋やポリ袋などのボトムシール袋は、袋の製造工程上、袋の幅が最大5mm程度前後する可能性があります。また、製造中にフィルムが上下に伸びる可能性があり、印刷部分が切断部にかかる場合もございます。そのため、袋の上下左右には、約5mmから約10mm程度の余白を設けて下さい。

その他、特殊な加工部分に印刷がかかると製造不良や印刷汚れが出る可能性もありますので、別途ご相談下さい。

識別表示(プラマーク)

プラスチック製の袋に印刷を行う場合は、容器包装リサイクル法により、一部を除きプラマークを印刷しなくてはいけないことになっております。

一般的に、プラマークの近い場所に以下のような材質名を記入します。

プラマークPP プラマーク外袋:PP プラマークPE,PET
  • OPPやCPP、IPP → PP(ポリプロピレン)
  • HDPEやLDPE → PE(ポリエチレン)
  • 複合素材 → 2つ以上記載して主たる素材名称に下線

プラマークのデータを以下のリンクからダウンロードしてご自由にご利用下さい。

印刷色の指定と色見本

DIC PANTONE カラーガイド画面に表示される色は、表示する環境によって異なります。また、プリンターで印刷される色も、印刷する環境によって異なります。そのため、お客様との間で色の認識が異なる場合がございます。印刷の色をご指定される場合は、必ずDIC(ディック)PANTONE(パントン)などの色見本をご送付下さい。