LDPE ポリ袋について

LDPE製のポリ袋は、一般的にビニール袋や商品袋、ゴミ袋などと呼ばれており、やわらかくて手触りがなめらかです。半透明や乳白色などのフィルムの上に印刷することができるため、袋にオリジナリティを実現することが可能です。HDPEと比べて透明度が高く、引っ張ると伸びるため、様々な場所で活用されています。

LDPEとは?材質について

LDPEは、Low Density Polyethyleneの略で、「低密度ポリエチレン」のことです。他のポリエチレンよりも軟らかいために「軟質ポリエチレン」や、エチレンをラジカル重合する際に高圧法にて重合されるため「高圧法ポリエチレン」とも呼ばれています。

LDPE製ポリ袋の特徴

LDPEには、以下のような特徴があります。

  • 透明や乳白色のフィルム
  • しなやかで軟らかい
  • 臭気が低く無毒性
  • 衝撃に強い
  • 空気や水分を通さない
  • 熱や冷気に強い(約-60℃~90℃)

このような特徴のため、袋として様々な場所で利用されています。

LDPE製ポリ袋の製造方法

原材料を加熱させ、空気で吹き上げながら膨張させて(インフレーション法)できたチューブ状のフィルムを巻きつけます。そのフィルムにグラビア印刷やフレキソ印刷を行った後、断裁、熱断裁による溶接、加工を行い、様々な形状の袋に仕上げます。

LDPE製のポリ袋には、断裁間隔がずれてサイズが異なる、口が空けられないなどの製造不良が考えられます。

LDPE製ポリ袋の用途

ゴミ袋、カレンダー袋、傘袋、洋服などの販売袋、食品保管袋、手穴抜き手提げ袋(平袋)、角底手提げ袋、製品梱包袋、透明封筒などがあげられます。

HDPEに比べてやわらかく高級感が出るため、アパレル関係の持ち帰り袋や、展示会やイベントでのサンプル配布袋として利用されています。

都市指定のゴミ袋の中でも、可燃ゴミにはHDPEのポリ袋がよく利用され、不燃ゴミやリサイクルゴミにはLDPEのポリ袋がよく利用されています。

LDPEで製造されたチャック付きポリ袋もご家庭で重宝されています。その中でも、ユニパックが有名です。ユニパックとは、株式会社生産日本社(セイニチ)のチャック付きポリ袋の登録商標、及び商品のことで、広く世間に認知されています。厚さ0.04mmと0.08mmの利用が中心で、様々な規格サイズの袋を100枚や300枚といった少量単位で小売されています。